資源部門への偏重が指摘されるが、それは時代の要請に応えるためと言う。事業の取引相手を、企業から国へと広げ、自らその先頭で営業に奔走する。その先に従来の商社ではない、新たな経営モデルを描く。