資源部門への偏重が指摘されるが、それは時代の要請に応えるためと言う。事業の取引相手を、企業から国へと広げ、自らその先頭で営業に奔走する。その先に従来の商社ではない、新たな経営モデルを描く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6015文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題