タブレット型デジタル機器の目玉コンテンツとして、期待を集める電子書籍。専用端末や電子書店が次々に登場する一方で、国内市場は思うように拡大していない。端末メーカーと出版社の思惑は微妙にすれ違い、時間だけが過ぎていく。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4452文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 タブレット覇権」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。