スマートフォンが大きくなっただけ。日本では、こんなタブレット評も耳に入る。だが、この「大きさ」がもたらす効用は想像以上のものだ。ノートやメモ帳ほどのこの端末は、アナログの使い勝手を備えたデジタル機器としてビジネスや生活に浸透し始めた。