2012年度に2500億円の最終赤字を見込み、経営危機のただ中にあるシャープ。同社の悲劇は、タブレットの波に乗り切れなかった日本企業の典型とも言える。