日本企業は薄型テレビとスマホに偏りすぎた。4番目のスクリーンであるタブレットは日本メーカーの今後を左右し始めている。一方で、アナログに近い使い勝手の良さを評価する企業も現れてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り334文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 タブレット覇権」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。