日本企業は薄型テレビとスマホに偏りすぎた。4番目のスクリーンであるタブレットは日本メーカーの今後を左右し始めている。一方で、アナログに近い使い勝手の良さを評価する企業も現れてきた。