鉱工業生産指数の低下が鮮明になっている。内需が息切れする中、中国など外需も失速した。日本の景気後退リスクは急速に高まっている。