地熱発電の開発ラッシュが、日本の温泉文化を脅かすと警鐘を鳴らす。都会人の癒やしの場である「秘湯」を、先頭に立って守り、育ててきた。「失ってから後悔しても遅い」と、自らの経験に基づいて世に問う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5640文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題