パナソニックインドの2012年のエアコン販売の目標は、前年の2倍に当たる80万台。ここまで、同社はこれを上回る実績を上げている。2009年の販売台数は約1万台。韓国やインド地場メーカーが席巻するこの市場では、消費者の選択肢にも入らない存在だった。この状況を3年で覆した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1756文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 インドで売る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。