巨大な消費市場の担い手は、一体どのような日常生活を送っているのか。デリーと地方都市ラクナウで、収入の異なる5軒の家庭を訪問した。日本企業の存在感の薄さが改めて浮かび上がる。