大規模停電やスズキ工場の暴動など、暗いニュースが相次いでいるインド。その一方で、世界中の企業がこの巨大市場への参入を狙い活発に動いている。片や、日本企業は及び腰だ。インドを日本企業の「空白地帯」にしてはならない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3556文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 インドで売る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。