今月8日に閉会した国会で雇用関連法が次々と成立した。4本もの法案が可決し、専門家は「近年では異例」と指摘。雇用コストの増加を迫られる企業からは不満の声が上がる。