十和田湖の遊覧船を運航する企業が、民事再生法の適用を申請した。バブル崩壊後に観光客は減り続けたが、息の根を止めたのは原発事故だ。近隣にある観光地との連携を模索し、復活を誓う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4930文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。