10月、東京駅の赤レンガ駅舎が生まれ変わる。戦争で失われたドーム部や装飾の復元、3階建てへの修復が外観上の最大の変化だ。建築史上で最大とも言える免震工事が加わり、新時代にふさわしい玄関口となった。