10月、東京駅の赤レンガ駅舎が生まれ変わる。戦争で失われたドーム部や装飾の復元、3階建てへの修復が外観上の最大の変化だ。建築史上で最大とも言える免震工事が加わり、新時代にふさわしい玄関口となった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3190文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題