企業は業績が良くなると、組織に安堵感が生まれる。いわゆる大企業病に陥り、経営が少しずつ劣化するケースが少なくない。この病をどう防ぐのか。カギになるのは社外取締役と女性の力だ。