収益の改善度合いや資本効率の点で、目を引く企業はどこか。企業の規模や市場ごとに、リーマンショック後の収益回復力を探った。上位には知名度の高いグローバル企業よりも内需系や中堅ベンチャー企業が多い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3302文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本株 復活の条件」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。