株価上昇率ランキングで上位の大半を内需系企業が占めたという事実は、デフレで縮小していると思われた国内市場にも、収益の源泉が存在していることを示している。