前ページの株価上昇率ランキングで1位になったのが、計測器大手、アンリツ。同社は2008年3月期、2009年3月期と連続して最終赤字に沈んだが、その後急速に業績を回復させた。その変身の過程には、日本株復活に必要な成長企業作りのヒントが示されている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2696文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本株 復活の条件」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。