上昇力が乏しい日本株には「過小評価されている」との声がつきまとう。しかし、世界の主要株価指数と比較すると、厳しい現実が浮かび上がる。株価収益率などで評価すれば、日本株は必ずしも「割安」とは言い切れない。