ロシア極東のウラジオストクで、自動車工場の新設が相次ぐ。日本からの部品輸送距離が短い地の利が進出を後押しする。市場拡大に期待が集まるが、資源価格次第では消費低迷も。