たとえ、今の会社で定年を迎えても、働き続けなければならない時代がやってきた。会社にしがみついてぬくぬくと過ごせば、人生の晩年にツケが回ってくる。100歳まで働くことが当たり前の時代に備え、個人も国家も発想転換が求められる。