老人は、財政を食いつぶす「社会のお荷物」なのか。経験を重ねてきた日本の老人の、高い潜在力を引き出す組織が次々と生まれている。高齢化問題の解決は、「近所の老人をいかに生かすか」にかかっている。