学校活性化条例の施行を受け、校長公募に取り組む大阪市。応募者獲得が進まぬ中、民間の転職サイトが名乗りを上げた。過去最大の公募は、教育現場と転職業界に変革をもたらすか。