為替取引のうち、円・ドル相場の値幅が過去最小圏にある。ユーロを敬遠し、ドルと円のどちらも買う傾向が強いためだ。市場は当面、「円安・ドル高」方向をうかがう展開が予想される。