縦割りの組織がもたらす弊害の解消は、いつの時代も企業経営の大きな課題だ。従業員たちにコミュニケーションを促しても、なかなか成果は上がらない。パタゴニア日本支社では、「U理論」という新たな変革手法で事態の打開を試みた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5395文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題