脱原発と再生可能エネルギー普及を訴え、山口県知事選挙に出馬。無党派層を中心に支持を集めたが、自民・公明推薦の候補者に敗れた。今後は、大阪市の橋下徹市長のブレーンとして、脱原発社会の実現を目指す。