今年7月に閣議決定された「日本再生戦略」で、医薬品は医療機器とともに「成長産業」と位置づけられた。だが、現状では医薬品は輸入超過。厚生労働省によれば、医薬品の輸出額から輸入額を差し引いた金額は2兆3929億円の赤字だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り955文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 クスリの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。