今年7月に閣議決定された「日本再生戦略」で、医薬品は医療機器とともに「成長産業」と位置づけられた。だが、現状では医薬品は輸入超過。厚生労働省によれば、医薬品の輸出額から輸入額を差し引いた金額は2兆3929億円の赤字だった。