高齢化の進展で国民医療費は36兆円、薬局調剤医療費は6兆円まで膨らんだ。その成長ポテンシャルに期待して、川上から川下まで、新規参入が後を絶たない。果たして、医薬品は日本企業を救う「夢の産業」となれるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4736文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 クスリの未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。