「Sushi」という単語が定着するほど海外でも親しまれている「すし」。この日本食の“代名詞”を提供しなくても、海外で日本料理チェーンとして繁盛しているのが「大戸屋」だ。