企業情報の開示で新たな方法を作り、国際標準にしようとする動きが海外で進んでいる。「統合報告」と呼ばれるその開示法はいかなるものなのか。将来起こり得る影響は――。情報開示を巡る海外の情勢に詳しい企業会計の専門家に解説してもらった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5302文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題