米ハーバード大学のアルベルト・アレシナ教授の財政再建に関する研究結果は、今では広く知られている。経済協力開発機構(OECD)加盟20カ国の1960~94年のデータを用いて、財政再建策の成功例と失敗例を分析したものだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1565文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題