これまでシングル向けマンションやホテル事業などを手がけてきましたが、最初に家業の繊維会社を継いだのは大学を出て3年目、25歳の時でした。経営書などに学んで、得意先を格付けしたり、生産性向上を追求したりと改革に取り組みました。