晩夏の夕暮れ、新潟県の山間部をクルマで抜けると、ヒグラシの鳴き声の中に、黄金色の水田が広がる。田舎育ちのせいか、その美しい光景に心洗われる自分自身は、日本人であるなとまじまじと実感する瞬間です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り476文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題