ユーロ圏が存続可能か否かは、異論のあるところだ。しかし、その崩壊が不可避ならば、先送りしてもコストが膨らむだけだ。ドイツとECBが選択した道は、EUの存続を危機に陥れかねない。