薄煕来前書記が失脚した後、重慶市では胡錦濤路線への政策変更が急ピッチで進む。テレビは革命礼賛をやめ、禁じられていた商業広告を再開する。同市政府は、中断が懸念されていた住宅供給と治安維持は継続している。