単価下落の激しいLED電球は消耗戦になりつつあり、先行きは明るくない。生き残りをかけ、LED照明メーカーは新市場に打って出る。店頭・オフィスの蛍光灯の代替、高付加価値化、グローバル展開に舞台は移る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4437文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 LED照明の光と影」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。