8月上旬、大阪市内の大手家電量販店では、フロアの片隅でカゴに山積みになった箱詰めのLED(発光ダイオード)電球が並んでいた。どの箱にも、“低価格”を前面に打ち出す「3個で4650円」や「5個で7750円」といったラベルが貼りつけられている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2778文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 LED照明の光と影」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。