株価が3カ月半ぶりの高値を回復し、盆明けの市場が明るい。欧米経済の悲観論後退で投資家の萎縮姿勢が和らいだためだ。ただ、政策対応は依然不透明。各国当局の次の手が注目される。