株価が3カ月半ぶりの高値を回復し、盆明けの市場が明るい。欧米経済の悲観論後退で投資家の萎縮姿勢が和らいだためだ。ただ、政策対応は依然不透明。各国当局の次の手が注目される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1375文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2012年8月27日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。