米国がモノ作りの再生に本腰を入れている。狙いはもちろん雇用の創出だ。国内外の大手メーカーも海外に置いていた工場を米国へと移し始めた。新興国がインフレで競争力を失いつつある今、製造業立地競争は総力戦の色彩を帯びる。