米国がモノ作りの再生に本腰を入れている。狙いはもちろん雇用の創出だ。国内外の大手メーカーも海外に置いていた工場を米国へと移し始めた。新興国がインフレで競争力を失いつつある今、製造業立地競争は総力戦の色彩を帯びる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1720文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 モノ作りは死なず」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。