40平方メートルほどの工房に、大人が両手を広げて一抱えほどの研磨機が5台。粉塵を吸い取るためのダクトや、冷房装置のホースが上部を取り巻く。職人が、高速で回転する砥材にステンレス製のビアマグを当てると、表面が研ぎ澄まされ、光を反射する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2820文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 モノ作りは死なず」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。