「『新しい亜鉛合金』で用途を広げ、市場そのものを拡大する」。亜鉛鋳造部品を製造する堀尾製作所(宮城県石巻市)の堀尾正彦社長は、こう意気込む。同社は、従来の亜鉛合金に比べて引っ張り強度が2倍の新合金を開発した。