「『新しい亜鉛合金』で用途を広げ、市場そのものを拡大する」。亜鉛鋳造部品を製造する堀尾製作所(宮城県石巻市)の堀尾正彦社長は、こう意気込む。同社は、従来の亜鉛合金に比べて引っ張り強度が2倍の新合金を開発した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り879文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 モノ作りは死なず」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。