空洞化がささやかれる日本のモノ作りだが、最高益を更新する中小企業も少なくない。いずれも「脱・下請け」を実現し、大手メーカーに欠かせない存在となっている。低価格、短納期、ビジネスモデル刷新、他企業との連合などが勝ち残りの道だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り536文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 モノ作りは死なず」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。