空洞化がささやかれる日本のモノ作りだが、最高益を更新する中小企業も少なくない。いずれも「脱・下請け」を実現し、大手メーカーに欠かせない存在となっている。低価格、短納期、ビジネスモデル刷新、他企業との連合などが勝ち残りの道だ。