業績改善が遅れるシャープに2つの関門が待ち構える。出資減額などで鴻海(ホンハイ)精密工業との提携の先行き不安が浮上。経営実態に関する不透明感が払拭できなければ、資金調達の難易度が高まる。