難産の末、社会保障と税の一体改革関連法が成立した。歴代政権が先送りしてきた懸案が決着し、政局の焦点は衆院解散を巡る攻防に移った。「10月解散」が有力視される中、野田佳彦首相自らが身を引くシナリオもささやかれる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2864文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2012年8月20日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。