日本を代表する「町工場の集積地」とうたわれる東京都大田区。この地に本社を構える特殊油圧シリンダーメーカー南武の野村和史社長(73歳)は、長年にわたって地場産業の興亡を見つめてきた。