需要創出サイクルの最終段階にある、「デファクトスタンダードになる」。その狙いを木川社長は、社会基盤を支えるプラットフォームになることと説く。国や自治体、地域、企業などと組んだ「土台」作りは、もう始まっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5108文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題