需要創出サイクルの最終段階にある、「デファクトスタンダードになる」。その狙いを木川社長は、社会基盤を支えるプラットフォームになることと説く。国や自治体、地域、企業などと組んだ「土台」作りは、もう始まっている。