「福島原発の事故は人災」。国会事故調の黒川委員長はそう断言した。だが、東電の新トップに就任した下河辺会長は、その言葉に反論する。果たして、甚大な事故を起こした東電は変革できるのか、2人に聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り163文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題