角膜の形状を変えることで近視を矯正する特殊なコンタクトレンズを東レが7月に発売。レンズを就寝前に装用し、起床後に外すと視力が改善している。手術なしに裸眼で生活できる点や近視の進行を抑制する効果が魅力だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3794文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題