隠岐諸島で独自の地域医療を展開している隠岐島前病院の若き院長。旅人に憧れた男は医師になり、島民の命を支える「風の人」になった。総合医の複数制や福祉との連携は、僻地を超えた普遍性を持つ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5601文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2012年8月20日号 82~85ページより目次