隠岐諸島で独自の地域医療を展開している隠岐島前病院の若き院長。旅人に憧れた男は医師になり、島民の命を支える「風の人」になった。総合医の複数制や福祉との連携は、僻地を超えた普遍性を持つ。