第2次産業が1割という、「工場なき島」が変貌を遂げようとしている。原発事故を機に、沖縄の産業インフラは一気に「比較優位」に立った。斜陽の金型産業から、最先端のエネルギーやバイオ産業まで、進出ラッシュが続く。