第2次産業が1割という、「工場なき島」が変貌を遂げようとしている。原発事故を機に、沖縄の産業インフラは一気に「比較優位」に立った。斜陽の金型産業から、最先端のエネルギーやバイオ産業まで、進出ラッシュが続く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5203文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2012年8月6・13日号 34~37ページより

この記事はシリーズ「特集 沖縄経済圏」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。