日本メーカーが固執してきた自前主義、自国主義はもはや行き詰まっている。オープン化によって、革新的な製品を素早く投入することが欠かせない。カギを握るのは、世界に散らばる知的資源にアクセスできる人材の確保だ。